忍者ブログ
東京、神奈川、横浜、どこへでも出張修理!! ガラスが割れた、引き戸が重い!!網戸に穴が!! 鏡を交換したい!!防犯対策!!ペアガラスにしたい!!鍵がかからない!! そんな時、便利に呼んで下さい。 見積もりだけでも無料でお伺い致します。 修理費激安!!関東一の低価格でご提供致します。 横浜、神奈川、東京出張料無しで駆けつけます。!! まずはブログ記事にあるホームページURLをクリック してご覧下さい。
2020/05月

≪04月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06月≫
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
他の業者に2重サッシの見積もりを頼んだら、

取り付け出来ないと断られたけど、オタクは出来る?

と、電話がかかってきました。

防音的意味で一部屋を2重ガラスにしたいそうです。

お客様は、出来ないのならペアガラスに交換でも良いけど

予算が・・・?

という事で、さっそく見積もりにお伺いしたが

4枚引き引き戸でした。

出来ない事は無い特注か、もしくは

中心に柱を一本立て取り付けるという手もありますが

多分、後々の不具合を気にして、出来ないと言ったと

思われるので、無理して2重サッシを薦めないで、単板

ガラスをペアガラスに交換する見積もりをお出しして

さっそくOKを貰いました。

上下、ランマを合わせて12枚のペアガラス。

即OKを貰うようという事は最初に見積もり依頼した業者の

見積もりがかなり高かったのかもしれない^^;



それでこの交換は、エコポイントが付きます。

たぶんだけど、エコポイントが24000ポイントくらい

付きますよと説明したが、興味ないみたい^^;

説明するのも、面倒な書類を準備しないといけないので

作業終了後、送るだけにして、お渡ししようと思う。

使用メーカーは旭硝子のホームペアA

アタッチメント付きで、既存のガラスを抜いて

はめ込むという作業です。

ガラスが3ミリからいきなり13ミリになる事に

おいて起きる不具合、特にクレセントと網戸の絡みを

明日、もう一回、寸法確認のついでにチェックします。

実は、これはお客様に先に言ってある事項で

後から出る変更、及び加工に対する費用は請求せず

すべてサービス、網戸がどうしても付かなかったら

新規に取り付けると言ってあるので、気にしないで

事を進められます。

横浜ガラスホームページ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
お天気情報
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[05/30 スーパーコピー時計]
[10/03 ブランドコピー通販]
[09/28 Marquishon]
[09/27 Marquishon]
[09/27 Marquishon]
[09/27 Marquishon]
[09/27 Marquishon]
[09/27 Marquishon]
[09/27 Marquishon]
[09/26 Marquishon]
[09/26 Marquishon]
[09/26 Marquishon]
[09/25 Marquishon]
[09/25 Marquishon]
[09/25 Marquishon]
[09/25 Marquishon]
[09/25 Marquishon]
[09/25 Marquishon]
[09/25 Marquishon]
[09/17 GeorgeVen]
[09/17 GeorgeVen]
[09/17 GeorgeVen]
[09/16 GeorgeVen]
[09/16 GeorgeVen]
[09/16 GeorgeVen]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
TREview TREview TREview

Copyright © 出張ガラス修理 横浜ガラス   ご相談は045-371ー4799          及び FAX050-3737-6212 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]