忍者ブログ
東京、神奈川、横浜、どこへでも出張修理!! ガラスが割れた、引き戸が重い!!網戸に穴が!! 鏡を交換したい!!防犯対策!!ペアガラスにしたい!!鍵がかからない!! そんな時、便利に呼んで下さい。 見積もりだけでも無料でお伺い致します。 修理費激安!!関東一の低価格でご提供致します。 横浜、神奈川、東京出張料無しで駆けつけます。!! まずはブログ記事にあるホームページURLをクリック してご覧下さい。
2017/12月

≪11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01月≫
[205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195
横浜ガラス ホームページ

こんにちはw

ホームページの更新もブログの更新もサボってますemoji

膝が痛いもので;;


そのうち頑張りますが、最近ガラスブロックの修理を頼まれました。

平面置きで地下の明り取りで1個の交換です。

自分的には金額も1~2万?

しかもやりなれてないのでめんどくさいなぁemoji

と思い、ガラスブロックには専門の業者がいる事を元受に教えました。

ガラス屋とガラスブロックの専門業者の違いはやりなれているだけだと

思われます。

横浜ガラスは頼まれればペンキもやるし、タイル交換もやります。

ただ、専門がいる業種はお邪魔しないだけですが、今回は大失敗しましたemoji

というのも問屋からの紹介のその業者?

見積もりは、ぼったくり金額で、たいそうな事を書いて(いろいろ心つかいのある

見積もり)のように見受けられましたが見積もり内容の事はしないで

その上びっくりこいたのは最終の仕上げをしないで帰ったemoji


見積もりをよく読んだら確かに内外シールは別途と書いていたので

仕上げのシールをしないでいいわけだが、その見積もりをもらった方は

まさか最終工程は別見積もりですよ?なんて思わないはず。

というか完成させない見積もりってなんなの?と言いたい。

その上、なんとその業者はうちを通さずに勝手に仕事を終わり

元受からその旨を伝えられたという・・・・?

何も知らないで勝手に誰かが何かをしでかしたという結末?

代金請求が、うちに来るのに、請求先の会社も担当者も知らないという

笑える話です。

ま、納得しなければ代金は払いませんけどねemoji


ガラスブロックの修理というのは、実はたいした事ではなく、交換する

ブロックを中心から割って少しずつモルタルを剥ぎ落として元の開口を

作ってブロック置いて周りをモルタルで固定して最後にシーリングを

して終わりです。

コーキングではなく目地もホワイトモルタルで仕上げる方法もありますが

お勧めはしません。そのモルタルの状態で後からぽろぽろ剥がれ落ちる

事もあり室内の大規模な明り取りをガラスブロックやる場合はシーリング

をお勧めします。

重ねる場合は専用のクッション材を入れるだけ。

クッション材の意味は目地感覚を一定にする意味もあります。

ようするに目地幅が一定になる何かを中心に入れて固定すれば良いだけ。

今回は1個、平置きなので何も必要が無く、モルタルも100円ショップで

売ってるのを一つ使うだけでよかったはず。

そんなに特殊ではないけれどめったに無い工事なので慣れがないだけです。

ガラスブロック自体はネットで買えます。600~3000円

戸建てのガラスブロック修理などは専門業者に頼まないで

ご自分でやるか、お気に入りのブロックを自分で購入して

近所のガラス屋さんか左官屋さんに頼んでみるほうが安くつくかもです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カウンター
お天気情報
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[05/20 マリア]
[02/10 babenudep]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
TREview TREview TREview

Copyright © 出張ガラス修理 横浜ガラス   ご相談は045-371ー4799          及び FAX050-3737-6212 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]